戻る 本文へジャンプ
作品紹介: 『1/100 ブラッカリィ』   (戦闘メカ ザブングル)
→ C3販売分組立補足コーナーへ
→ 完成見本写真コーナーへ

『1/100 ブラッカリィ』 
お買い上げ誠に
有難う御座いました!!


C3 AFA TOKYO 2017 C3マーケットにて販売致しました
 『1/100 ブラッカリィ』 (戦闘メカ ザブングル)です!

今後も続けて詳細画像UPしていきますのでお楽しみに!

(初掲載:2017/6/12)
(2017/6/14 口形状微修正)



















(2017/7/3 追加)

腕まわり、これでほぼ決定で、こちらの方が最新になります。
パーツの肉厚確保や可動の加減で微修正入ってますがそんなには変わってません。


(2017/7/11 追加)



足回りこんな感じです。
足首左右のカバーは可動します。
足裏少し凝ってみました。ちょっとお気に入りです。


(2017/7/20 追加)




腹&腰まわり。
腹と腰の関節はいかにも旋回しそうな表現にしてみました。360°回ります。
腰前後の牽引フック?(ランドシップ上での固定用という脳内妄想)は、
別パーツで10個ほどつけておきますので、好きなところに接着して下さい。
付けなくても良しです。


(2017/8/4 追加)




いよいよ胸回りです。
ローター部機関はロータリーエンジンのつもりです。
ホルスターは可動開閉します。
胸左にハッチを設けましたが、
縦1m無いくらいですから人がなんとかくぐれるくらいでしょうか。
戦車の脱出ハッチよりかはマシですかね?
デザインバランス上、これ以上大きくはしませんでしたが、
せまっくるしいのもWMっぽい気もします。
まぁこれ言い出したら耳のハッチもいい加減狭いんですけどね。
(比較的デカめのはずなのに。(^^;))
ローターまわりは現行ヘリ等参考に少しメカニカルにしてみました。
身長設定より大きめに作ってるんですが、
それでも某ギャリアと比べるとローターとか小さく感じますね。
砲台回転、砲身上下可動。
砲台も弾装填・廃莢ハッチや測距儀っぽいディティールをいれてみました。
細かいですが。


(2017/8/18 追加)



そして顔外観はこんな感じ。
コクピット内とアンテナ、首パーツデザインは、ほぼザブングルと共通デザインになっています。
顔のサイズですが、『ザブングル用パーツ』の時で1/100プラモと縦横外寸がほぼ同じでして、ブラッカリィはそれにトサカ分長くなってる感じです。
額のカメラのガラス部分は透明パーツ予定。
耳ハッチ開閉。
メット部、取り外し可能で組立後もコクピット内が覗けます。


(2017/8/18 追加)

手首はこんな感じ。例のザブングルのバージョン違いみたいにしました。
マニピュレーターはザブングルと同様。手の平のバランスを非変形用に見直し。
手の甲に増加装甲を付けて少し丸っこい表現にしてみました。
グー手とやんわり平手付属。平手は銃持ち兼用です。



そしてライフルです。
マガジンは脱着可能。

ひとまずC3前の更新はここまで!


----------------------------------------------------
今回の1/100ブラッカリィの製作コンセプトですが、

 ・身長設定は無視する。(16.5cmなんてとても無理!)
 ・顔コクピットをなるべく1/100で表現し、
  そこから導かれるベストなプロポーションを目指す。
 ・とは言え全高20cm未満には収める。
 ・耳ハッチ開閉、メット取り外しでコクピット内部が
  後からでも見れる等はザブングルと同様。
 ・全体シルエットは設定画を踏まえつつ兵器リアリティを感じさせる面構成、
  バランスを目指す。
 ・ディティールやパネルラインの意味をなるべく考えて追加する。
 ・所々にザブングルやギャリアを思わせるディティールを入れる。
 ・公式でない後付け設定は無視する。(参考にはする。)
 ・そこそこ可動させるが基本は立ちポーズ、プロポーション、デザイン優先。

大体こんな感じで製作を進めました。
尚、ライフルは付属予定ですのでご安心下さい。
(実は最初は「R3ギャリアの使って下さい!」にしようかと思ってたのですが(;´∀`))


画像は少しづつになりますが、まだまだ追加しますのでお楽しみに!!!

作品一覧 - GKカタカム

戻る